人気ブログランキング |
NEW POST

英語らしい「よろしくお願いします」とは?

学生さんから
次のレッスンもよろしくお願いします」と
英語で言いたいんですが、
どのように言えばいいですかと
質問がありました。

そこで「次のレッスンもよろしくお願いします」
という言葉を、考えていたのですが、
よろしくお願いします」という言葉は、
とても日本的発想の言葉だと、
改めて感じました。

何といっても「よろしくお願いします」は、
とても便利の言葉ですね。
普段、色々な場面で使っています。

例えば、
●初めて人と会った時「よろしくお願いします」
●一緒に何かする時/誰かに何かを依頼する時「よろしくお願いします」
●別れる際に「(今後とも)よろしくお願いします」

こんな時に私たちは、「よろしくお願いします」を
使っています。

こんな便利な言葉が、英語でも同じ状況で
同じように使えるというわけではありません

「よろしくお願いします」は、状況に応じて
英語の表現を変える必要があります。

では、今回の「次のレッスンもよろしくお願いします」は
どう訳すか。

面白いことに、この表現の英訳は
とても英語らしいと思うのです。
では英文を見てみましょう。

I am looking forward to next lesson.
(私は、次のレッスンを楽しみにしています)

*looking forward to=~を楽しみにしている


私が面白いと思うのは、
英文で最も大切な最初の2語が、I amと始まることです。
あくまでも、「私が」という主張が英語らしいと思うのです。
日本語は、相手に対して、「よろしくお願いします」
英語は、私が楽しみにしている。

この表現だけ見ても、日本語と英語の文の視点が
異なることが見えてきますね。

また、似た表現として、

I can't wait to have next lesson.
(私は、次のレッスンがあることを、待つことができない
=待つことができないくらい楽しみだ)

というものがあります。
これもあくまでも「」目線な表現ですね。

いかに英語が、自分目線で主張することが
大切かということが、この表現ひとつ取ってみても
わかりますね。

英語は、やっぱり自己主張してなんぼ
ということですね。
皆さんも、Iで始める文を駆使して、
「よろしくお願いします」の気持ちを
伝えて行きましょう。


普段はオンラインで英語を教えたり、コーチングをしています。
私のレッスンに関してはこちらからどうぞ。☟

このブログを通じて、英語学習者の方のやる気やモチベーションアップに
貢献できればと存じます。
応援のクリック頂けると幸いです。


by thinkyourlanguage | 2018-11-15 18:00 | 英語学習【スピーキング編】 | Comments(0)

カナダ エドモントン在住 日本語・英語教師、時々コーチ ◆言葉だけじゃない!人生が豊かになる!語学レッスンをオンラインで提供中。|英語学習したくなるようなブログが目標|自身は英語学習歴20年以上|皆さんの英語学習が楽しくなりますように!


by Leco