人気ブログランキング |
NEW POST

私の異文化理解

「先生は海外に住んでいて、日本のことを悪く言われて
 嫌な気持ちになったことはありませんか。」
「そう言う時は、どうしましたか。」
と、あるレッスンで質問を受けました。

学生さんは、英語を勉強することは
異文化を理解することだとも思っていらっしゃり
どのように異文化を理解するかというのは、
語学学習だけでは難しく
人間として成長しないといけないのではないか
考えていらっしゃいました。


私は、これまでカナダ・オーストラリア・イタリアと住んできて
確かに日本のことを悪く言われたりしたことがあります。
その時、私はどのように対応しているかというと、
「話してくれてありがとう」と言うようにしています。

この考えのもとになっているのは、
人生で初めて留学したカナダでの経験です。

私のカナダでのホストファミリーは、キリスト教を信仰していて
毎週日曜日になると教会に出かけています。
当時の私は、英語の勉強になると思って、
毎週一緒に教会に出掛けては、
ミサで話を聞いていたのです。

その教会で時々信者の方が今考えていることを
スピーチ形式で話す会があります。
スピーチは、家族の問題、自分の内面のこと、仕事の事などトピックは自由です。
一人の持ち時間も決まっていません。
誰から始めても構いません。
このスピーチが面白くて私はよく聞いていたのですが、
このスピーチが終わると、聞いていた人はスピーチした人たちにこう言います。
「Thank you for sharing.」

私の異文化理解_b0399290_01321741.jpg


私はこの言葉がとても好きです。
なぜならこの言葉は良い悪いのジャッジをしていないからです。

あなたの意見は私と違う、
その言い方はおかしいんじゃないの、
ということは誰も言わず、ただ「Thank you for sharing」というのです。

また「話してくれる」ということは、
それだけ相手を信じて言ってくれていることではないかとも思うようになりました。

だから私に日本のことを悪く言うのは、
「この人なら言えるかな」と思っていってくれるのではないか
とその時から考えるようになりました。



世の中には色々な考えがありますが、自分から色々な考えを見つけていくのは
少し大変なことのように思います。
なぜならそれは私の中にも考えに偏りがあるからです。
だから全く異なる意見を持つ方が、それを伝えてくれるのは
私にとっては異文化、違う考え方を知る良い機会だと思うのです。

そのため、どんな事でも話してくれた人には、
「話してくれてありがとう」と言ったり、
直ぐに言えない時は、心の中で伝えたりしています。

勿論嫌な気持ちになることもありますが、
それよりも考えを共有してくれたことに感謝することを
選んで行きたいといつも考えています。



最近、ホストマザーと電話で話した時に彼女がこんなことを言っていました。
「The life is how you take.
If you take it miserable, then the life turns out miserable.
If you take it fun, the it turns out fun.」

「人生をどうとらえるかはあなた次第。
 もしあなたが人生を最悪と思うなら、人生は最悪になるし、
 楽しいと思えば、楽しくなる。」

異文化理解も同じことが言えるのではないでしょうか。

良いことも悪いこともとらえるのは自分次第、のような気がします。




英語習得のための様々なテクニックをご紹介し、実践していただく
オンライン英語レッスンを、カフェトークで行っております。
詳細はこちらから⤵

のブログを通じて、多くの英語学習者のやる気や
モチベーションアップに貢献できればと存じます。
応援のクリック頂けると幸いです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ



by thinkyourlanguage | 2019-06-14 01:30 | プロフィール・自己紹介 | Comments(0)

カナダ エドモントン在住 日本語・英語教師、時々コーチ ◆言葉だけじゃない!人生が豊かになる!語学レッスンをオンラインで提供中。|英語学習したくなるようなブログが目標|自身は英語学習歴20年以上|皆さんの英語学習が楽しくなりますように!


by Leco