人気ブログランキング |
NEW POST

英語の絵本を英語学習に活用しよう。

英語の絵本を読むというレッスンをするのですが、
ある絵本について、どうやって使うかわからない
という質問を頂くことが多いので
英語学習としての絵本の読み方について
ご紹介します。

英語の絵本を読もうとして
紙の書籍を買うと値段もある程度するので
「ちょっと…」と思いますよね。
そこでお勧めなのは、Oxford Owlというウェブサイトです。



このサイトには、無料で読めるオンラインの絵本
たくさんあります。
そして音声もついています!(音声も無料

これは使わないわけには行きませんね。
ただこのOxford Owlは、会員登録が必要です。
全部英語で書かれているのでどうしようと
思ってしまうのですが、
英語をたくさん読んで英語を習得しようという
活動を広めているNPO多言語多読さんのウェブサイトに
このOxford Owlの申し込み方法が書いてあるんです。
何て、親切なんでしょうか!

登録方法はこちらをご覧ください。


さて、絵本を読み始めた方が意外と見落としてしまいがちなのが
こんな絵本です。
この絵本どんな絵本かと言うと…。

b0399290_09264677.png
(Oxford Owl の「The Lost Teddy」という本です。)

そう文字がない本なのです。
文字がないから英語の学習にならない。
そんな風に考えてしまいませんか?

実は文字のない絵本も英語学習にとても役立つツールなのです。
どのようにネイティブスピーカーの子どもたちは勉強するかと言うと
絵を見て、自分で物語を話します。

オーストラリアで日本語教師アシスタントの仕事をしていた時、
小学校へ日本語を教えに行っていたのですが、
その際に担任の先生はよく子供たちに絵本を読み聞かせしていたのを
見ていました。

その時のテクニックと言うのは、
ストーリーを読むだけでなく、
子どもたちに自分の言葉でストーリーをまずは語らせる
ということでした。
何が正解というわけではなく、
自分たちが思うお話をしていきます。
そして先生はストーリーを読む際は、
「この本を書いた人は、こう書きました。」と
あたかも一意見として話していました。

こうすることで子供たちの考えを否定せず
想像力を豊かにするんだなと思ったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この方法は大人の外国語学習者にも使えると思います。
文字のない絵本はこんな風にして読んでみてはいかがでしょうか。

①絵本の挿絵を見て、まず物語を自分で話す。

②次に音声を聞いて、自分の表現と音声の表現との違いを
 確認する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

英語で本を読みたいと思う人は
まずは絵本からチャレンジしてみてください。

177.png 余談177.png
外国の方が日本語を勉強する際も
たくさん読むという事をしています。
NPO多言語多読にはたくさんの簡単な日本語の本も
ありますので、
身近に日本語を勉強している方がいらっしゃれば
ぜひご紹介してあげてください。

私もイタリアで日本語を教えている時
日本語でたくさん読むという活動をしていました。


オンラインで英語を教えています。
ご興味のある方はこちらから。⤵

のブログを通じて、多くの英語学習者のやる気や
モチベーションアップに貢献できればと存じます。
応援のクリック頂けると幸いです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ



by thinkyourlanguage | 2019-10-08 09:30 | 英語 学習方法・勉強法 | Comments(0)

カナダ エドモントン在住 日本語・英語教師、時々コーチ|言葉だけじゃない!人生が豊かになる!語学レッスンをオンラインで提供中。|コーチングで学生の語学学習応援することも。|最近は日本語を外国人に教える方にアドバイスも。|英語学習したくなるようなブログが目標|自身は英語学習歴20年以上|皆さんの英語学習が楽しくなりますように!


by Leco