人気ブログランキング |
NEW POST

英語で考えや気持ちを伝えるには?

大人の英語学習者の方は、
何があったという事実を伝えることよりも
自分の感情や考えを伝えたい傾向にあると思います。

そんな時は、動詞×動詞のテクニック
とても効果を発揮します。

動詞×動詞のテクニックっていったい何かと言うと
こんな感じです。

I want to speak English.
私は英語を話したい。

この文は、英語学習者なら言わない事がない
という文ですね。
ですが、この文が、どんな文法構造になっているかご存知ですか。

b0399290_06141397.jpg


上記の私のパワーポイントにもあるように
英文の中に動詞は1つというルールがあります。
基本的には1つ以上の動詞を隣同士に並べることはできません。

「基本的に」と申し上げたのは、
何か工夫をすると、1つ以上動詞が使えるという事なんです。

その工夫とは、2つの動詞を上手くつなげる、
接着剤的な言葉をつけてあげることです。

英語にはいくつか接着剤的な言葉があるのですが、
今回のケースでは、toが接着剤となります。

このtoを使う事によって、2つのアクションを上手く組み合わせて
行くことができます。

2つのアクションを組み合わせる時の注意点ですが、

1.2つの内1つの動詞は、脳を使うアクションであること。
  
  さきほど紹介したwantは、身体では表現できませんが
  身体の中の機能が働いて、「~したい」という気持ちが
  生まれてきますね。
  このように動詞は動詞でも、wantのように、
  身体の中でのアクションを示している動詞があります。

  plan (予定する)
  decide (決定する)
  need (必要だ)

  これらは頭で考えているものですね。

2. to の後に具体的なアクションの動詞を入れる。

I want to speak English.
I need to finish homework.
I plan to see my friend on weekend.
I decide to take a test.

このようにwantを始めとする脳で考える行為を表す動詞と
to、そして具体的なアクション動詞を
つなげると、自分の考えや気持ちを伝えられるように
なってきます。

自分の気持ちや考えを伝えたい時、
それは、動詞×動詞のテクニックを使うべきなのです。



オンラインで英語を教えています。
ご興味のある方はこちらから。⤵

のブログを通じて、多くの英語学習者のやる気や
モチベーションアップに貢献できればと存じます。
応援のクリック頂けると幸いです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ


by thinkyourlanguage | 2019-10-10 06:30 | 英語学習【文法編】 | Comments(0)

カナダ エドモントン在住 日本語・英語教師、時々コーチ|言葉だけじゃない!人生が豊かになる!語学レッスンをオンラインで提供中。|コーチングで学生の語学学習応援することも。|最近は日本語を外国人に教える方にアドバイスも。|英語学習したくなるようなブログが目標|自身は英語学習歴20年以上|皆さんの英語学習が楽しくなりますように!


by Leco