人気ブログランキング |
NEW POST

英語を英語で理解するとは?

「英語を英語のまま理解することが大切。
とよく英語学習では言われていますが、
それってどうすればできるんでしょうか、
という事を生徒さんからよく質問頂きます。

最近、私自身が体験したことを例にして
この英語を英語のまま理解する感覚を
ご紹介したいと思います。



私は、ここ1年くらいコーチングのコースを
日本語で受講して学んでいました。
そして、最近偶然英語のe-learningサイトで
コーチングについて2週間のコースが
開講されることを知り、
英語でコーチングってどんな感じだろうと思い、
コースを受講することに決めました。

コースは、オーストラリアにあるQueensland University of Technologyが
提供していて、受講には大学の講座を受講する英語力が必要です。
コースの中では、動画を見たり、記事を読んだりしています。
(コースに興味が出た人のために下のバーナーを貼っておきます。)


今週から始まったコースなので、まだ受講途中ですが、
英語習得の観点から見て、
このコースでの私の理解度についてお話したいと思います。

私のこのコースでの理解度は、95%くらいだと
自己評価しています。

その理由は、コース内の動画の理解度が日本語でわかったと感じるのと
ほぼ同じ
と言えるからです。
というのも動画を見ていて、「?」とか「わからない」
と思う瞬間がありません。

「英語を英語のまま理解している!」
とその時、感じたのです。

私は、「わかる」という感覚は言語習得において
2つあると思います。

1.自分の母語(日本語)に置き換えて、意味がわかった。

2.言語を介さずに、(=日本語に置き換えずに)
  言っていることがイメージできて、わかった。

皆さんは、英語学習でどちらの「わかる」を使っていますか。
私は、英語習得は2の感覚で理解してこそ、
初めてその言語の面白さに
気がつくと考えています。

英語を英語でわかるというのは、言語を介さずに
「イメージできる」ということです。

そのためには、まず、日本語での知識がないといけません。
私はコーチングのコースを日本語で受講していたので、
英語で言われても、単語の意味だけに頼らず、
コーチングのコースならこんな話をしそうと
イメージできたのだと考えています。

みなさんにとって、日本語で知識があるものは何でしょうか。
それは、趣味だったり、仕事だったり、
日常自分が時間を費やして行っている
ことです。
その内容について英語で聞いてみる読んでみると
きっと「わかる」は、感覚になります。

ぜひご自身の好きなことと英語を掛け合わせて
イメージできるわかったを目指してください。

それが、英語を英語で理解するという近道になります。



★追記★
私が日本で通っていたコーチングスクールはこちらです。


 カナダからZoomでオンライン英語レッスンしております。
ご興味ある方はこちらかどうぞ。
のブログを通じて、多くの英語学習者のやる気や
モチベーションアップに貢献できればと存じます。
応援のクリック頂けると幸いです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ



by thinkyourlanguage | 2019-11-07 01:00 | 英語学習 セルフコーチング | Comments(0)

カナダ エドモントン在住 日本語・英語教師、時々コーチ ◆言葉だけじゃない!人生が豊かになる!語学レッスンをオンラインで提供中。|英語学習したくなるようなブログが目標|自身は英語学習歴20年以上|皆さんの英語学習が楽しくなりますように!


by Leco