人気ブログランキング |
NEW POST

使用頻度の少ないThere is/are

レッスンで生徒さんからよく
「「~はあります」は、there is ですね。」と言われます。
確かに英語⇔日本語訳ではそうなのですが、
この there is、実際英語圏で生活してみると
使用頻度がものすごく低い
ことに気がつきます。

以下の日本語をthere is /are以外で
表現してみるとどうなるでしょうか。

1. 私の家には、猫が一匹います。
2. 小社は、Aサービスがあります。
3. 冷蔵庫にミルクがあります。


使用頻度の少ないThere is/are_b0399290_08124805.jpg

どんな英語にしましたか。

答えを見てみましょう。
1. I (weでも可 ) have a cat at home.
2. We (My companyでも可) provide A service.
3. A milk is in the refrigerator.

どうでしたか。
どれもthere is/ areがなくても言えますね。

なぜthere is / areを使わないかというと、
there is/ areが分かりづらいという事があります。

英語で大切なのは、主語と動詞。
つまり文の一番最初に来る2つの単語に
全て言いたい事を込める
傾向があります。

there を使うと、最初がthere (そこ)となり
そこって何?と曖昧になります。

それよりも、I, we, milkなどはっきりとイメージできる
単語を持って来ることが望まれます。

そのため、はっきりしたイメージを作れないthere は
あまり使われないということになります。

There is/areかなと思っても、
一旦別の主語を立てて文を組み立てなおしてみてください。
そうすると伝わる英語へ一歩前進します




カナダからオンライン英語レッスンしております。
 ご興味ある方は下のリンクをクリックしてください。


のブログを通じて、多くの英語学習者のやる気や
モチベーションアップに貢献できればと存じます。
応援のクリック頂けると幸いです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ





by thinkyourlanguage | 2020-01-11 08:00 | 日本語的発想から脱却しよう! | Comments(0)

カナダ エドモントン在住 日本語・英語教師、時々コーチ ◆言葉だけじゃない!人生が豊かになる!語学レッスンをオンラインで提供中。|英語学習したくなるようなブログが目標|自身は英語学習歴20年以上|皆さんの英語学習が楽しくなりますように!


by Leco